ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

栄養素

良い脂質と悪い脂質

ダイエットでは脂質を摂らないようにしがちですが、本来、脂質は体の機能を保つために必要な栄養素です。脂質が極端に減ると、肌荒れを起こしたり、内臓機能に変調をきたしたりという弊害があります。

脂質の中には、体にとって良い脂質と、悪い脂質があります。脂質を大まかに分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられますが、このうち飽和脂肪酸は、肉類やバターなどに多く含まれる動物性の脂質で、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、摂りすぎると肥満や生活習慣病の原因となるものです。

いっぽう不飽和脂肪酸は、魚や植物に含まれる脂質です。主にイワシやアジ、サバなどの青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は多価不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、中性脂肪を減らす働きをします。またDHAは集中力や記憶力を高め、EPAは血液をサラサラにする作用があると言われています。

植物油のうち、紅花油、コーン油などに多く含まれるリノール酸やαリノレン酸、オリーブ油や亜麻仁油、えごま油(しそ油)などに含まれるオレイン酸はともにコレステロールを下げ、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。油を使う料理の時は、できるだけこうした天然の植物油を使うようにしましょう。

ただし、良い脂質でも摂りすぎは禁物です。料理の時に使う、目に見える脂質だけでなく、豆類や穀類、肉や魚の中にも脂質は含まれています。こうした見えない脂質も含めて、1日の摂取カロリーの範囲で、できるだけ良い脂質を摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved