ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

栄養素

たんぱく質

ダイエット中はカロリーを気にして、肉を食べないという人もいますが、それは間違いです。 肉や魚介類、卵、豆類に含まれるたんぱく質は、筋肉や臓器、皮膚、血液の元となるほか、ホルモンや免疫物質の原料ともなる重要な栄養素です。たんぱく質が不足すると、体は筋肉のたんぱく質を分解して使おうとするため、代謝の異常や免疫力低下など、さまざまな障害を引き起こします。

たんぱく質を構成する約20種類のアミノ酸のうち、9種類は人間の体内で合成できない「必須アミノ酸」で、これは食物から摂取しなければなりません。必須アミノ酸のどれかが不足すると、他の必須アミノ酸の働きも低下させてしまうので、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質の摂取が、健康の維持には不可欠なのです。特に肉や魚介類、卵、乳製品などの動物性たんぱく質が良質とされています。

ダイエット中はカロリー過多を防ぐために、肉や魚は脂肪の少ないものを選びましょう。肉なら脂肪の多いロースやバラ肉を避け、モモなど赤身の部位を食べましょう。特に羊肉や牛肉、豚肉の赤身は、脂肪燃焼を促すL-カルニチンを多く含んでいます。

魚ならトロより赤身や白身魚を選びましょう。青魚にはたんぱく質とともに、良質の脂質であるDHAやEPAが豊富に含まれています。 卵は、たんぱく質の体内利用率が90%以上ととても効率がよく、さらにカルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミンB群など多数の栄養素が含まれているので、栄養補給には最適です。

これらの動物性たんぱく質と、カロリーの低い豆類などの植物性たんぱく質を組み合わせて、バランスよく食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved