よく噛む ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

痩せる食事の方法

よく噛む

食事のマナーとして、小さい頃によく噛んで食事を行うようにしつけられていた人は多くいいます。しかし、大人になって自由に食事をするようになり、特に行儀をしかってくれる大人がいなくなると、ほとんど噛まずに飲みこむように食事をしている人も少なくありません。

大人になると仕事などでゆっくり噛んで食事する事が難しくなった事や、食事に繊維質などの堅い物が少なくなり、やわらかい食事を好んで食べるようになった事などが関係しています。特に、ダイエット中の人のお中には、置き換えダイエットなどで飲むだけのダイエットドリンクが多く出回り、食事の時に意識して物を噛まなくなっている人が多くいます。

しかし、普段から硬いものや繊維質の噛み応えのある食事を摂取している人は、軟らかいものを好んで食べている人に比べて、ウエストが細くなる事がわかってきています。食事をよく噛んで食べる事は、マナーとして優れているだけでなく、ダイエット効果もあるのです。

食事をよく噛んで行うと、ヒスタミンという脳内物質が分泌され脳内の満腹中枢を刺激して、食欲を抑える効果があるとされています。ヒスタミンは満腹中枢を刺激するだけでなく、内臓脂肪の分解にも効果があるとされており、たくさん分泌される事で体温が上がってエネルギー代謝が促進されます。

よく噛む食事の目安は、食事一口につき30回噛む事で、ダイエットだけでな、メタボ解消の治療プログラムにも組みこまれている、確かな効果が期待できる方法なのです。よく噛む事で、味をかみしめる事になるので、薄味でも満足する事ができ、カロリーを控える効果も期待できます。

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved