ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

生活習慣の改善

体重計測

毎日の体重を計って記録するだけで痩せるという「計るだけダイエット」が話題になったことがありました。これは、体重の変化を数字で記録して、食生活の問題点を発見するという手法です。このことからもわかるように、ダイエットでは自分の状態を客観的に見るということがとても大切です。そのためにも、体重を計ることを習慣づけましょう。

ダイエット中は、一日に何度も体重を計りたくなってしまいますが、そのたびに一喜一憂していては、かえってストレスがたまってしまいます。体重の推移を見るには、毎日同じ時間、同じ服装で計ることが大切です。計りやすいのは、毎朝、起きてトイレに行った後と、毎夜の入浴後でしょう。これなら毎日だいたい同じ時間に、同じ状態で計れます。

また脂肪が減っているかどうかを正確に判断するために、体重とともに、体脂肪率も計っておきましょう。体脂肪の測定は食事後、あるいは入浴後、2時間以上おいてからが適しています。毎回できるだけ同じ時間帯で、同じ状態で測定しましょう。体脂肪率は毎日計ってもそれほど大きな変化はないので、週に1回、または2週間に1回くらいのペースで計るとよいでしょう。

毎日体重を計っていると、停滞期といって、体重が数字として減らない時期が現れるのがわかります。これは、人間の体が、本能的に体重が急激に減らないように防御機能が働くからです。

しばらく我慢してその状態を維持すると、体は少ない摂取カロリーで機能維持できるように適応して、体重が落ちます。体重を記録することは、こうした体の変化と向き合い、長期的なダイエットに取り組むためにも不可欠なのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved