ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

生活習慣の改善

外食のポイント

外食では、脂肪と糖質が多くなりがちです。ダイエット中はできれば避けたいのですが、仕事をしていてランチをとる場合はそうもいきません。

最近では、メニュー表にカロリー表示がある店が増えていますし、コンビニのお弁当にもカロリー表示があります。ただし、カロリー表示だけを見てメニューを選ぶのは危険です。低カロリーにとらわれるあまり、栄養バランスが崩れてしまう場合があるからです。店で食べるなら一品料理よりも、食材が多く使われた定食、お弁当なら肉・魚と野菜がバランスよく入ったものを選びましょう。

外食でも、やはりおすすめはご飯と和食です。刺身や焼き魚・煮魚定食は比較的カロリー控えめで、栄養のバランスもよいでしょう。生姜焼き定食など肉類の定食は、おかずの量が多くなければよいでしょう。鶏のから揚げ、天ぷら定食、ウナギなどは高カロリーなので避けたいところです。

そば・うどんは低カロリーですが腹持ちが悪いので、すぐお腹が空いて間食をしてしまう、といったことになりがちです。選ぶなら月見、きつねなどたんぱく質の具が入ったものが、腹持ちもよくおすすめです。天ぷらや天かすが乗ったものは避けましょう。

パスタやハンバーグ、オムライスなどの洋食は、どうしても高カロリーになるのでおすすめできません。中華は野菜中心のヘルシーなメニューや薬膳料理なら良いでしょう。 夕食を食べに行く場合は、あらかじめ予定が分かっているなら、ランチの量を減らしましょう。仕事帰りに急に食事に誘われた時は、カロリー抑えめの食事を選ぶのが難しい場合もあります。食べ過ぎたと思ったら、翌日、食べる量を減らして、カロリーを抑えましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved