ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

生活習慣の改善

便秘対策

便秘とダイエットにも相関関係があります。ダイエットしているのに思ったように体重が落ちない、または食事の量を減らしているのに太る。そんな人は便秘が原因かもしれないのです。

便秘は、腸が便を排出する機能が鈍っている状態です。しっかり食べて腸を刺激しないと、脳が便意のシグナルを感じにくくなり、便秘につながります。栄養バランスの偏った無理なダイエットが、逆に腸内環境を悪化させ、排出を阻害してしまうのです。そのため水分や老廃物をため込んで太ってしまい、肌荒れやむくみを起こすこともあります。

便秘を防ぐには、まず栄養バランスの整った食事をすることです。腸を刺激するための食物繊維と、腸内環境を整える乳酸菌、便を柔らかくする水分はたっぷり摂りましょう。これは健康的に痩せるダイエットとも共通します。

食事は毎日なるべく同じ時間にとり、就寝と起床時間もできるだけ同じにしましょう。腸の動きは自律神経によって影響を受けるので、食事時間が不規則だったり、夜更かしで寝不足だったりすると、神経がストレスを受けて腸の働きも悪くなってしまいます。また食べたものが消化されて便になるまでの時間はだいたい決まっているので、そのリズムが狂うと、便意を感じる時間もバラバラになってしまうのです。できれば夜9時以降は何も食べないようにすると、腸が朝までにじゅうぶん動く時間を与えられます。

そして朝、目が覚めたら水をコップ1杯飲みましょう。空っぽの胃に水分で刺激を与えることで、腸も動き出します。これは食欲をわかせる効果もあり、朝食をしっかり食べる習慣にもつながります。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved