ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

基礎代謝

基礎代謝とは、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギー量のことです。人間は横になって安静にしていても心臓は動いており、呼吸をし、体温を維持するために筋肉や他の臓器も活動しています。こうした活動のために消費されるエネルギーが基礎代謝です。

一日で消費する総エネルギー量は、この基礎代謝が約70%を占めています。残りのエネルギー量は、家事や仕事などをするための「生活活動代謝量」と、ものを食べて消化し吸収するという食事に使われるエネルギーの「DIT」が当たります。

基礎代謝の大部分は、筋肉の活動によって消費されます。そのため、基礎代謝は若い人や男性の方が高い傾向にあります。女性は男性に比べて筋肉量が少なく、体脂肪を多く蓄えているため、基礎代謝は低くなります。また、40歳を過ぎると、加齢によって筋肉が衰えるため、基礎代謝は減少します。

体脂肪が少なく基礎代謝が高い人は、たくさん食べてもエネルギーとして効率よく消費されるので、太りにくくなります。逆に基礎代謝の低い人は、エネルギーを消費できないので、余分なエネルギーが脂肪として体内に蓄積され、太りやすい状態になるのです。

基礎代謝は筋肉量に比例するので、バランスの良い食事と適度な運動で筋肉量を維持すれば、基礎代謝が上がります。逆に過度な食事制限をして筋肉量を減らしてしまうと、基礎代謝も落ちてしまうのです。また加齢で筋肉が落ちているのに、若い頃と同じような高カロリーの食生活を続けていると、いわゆる中年太りになります。ダイエットでは、基礎代謝を上げるための体質改善も重要なのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved