ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

BMI指数

BMI指数は「Body Mass Index」の略で、体重と身長を元にした計算式で肥満度を表すものです。WHOをはじめ国際的に共通する体格指数として用いられています。 計算式は「体重(kg)÷身長(m)の2乗=BMI指数」で表されます。BMI指数を自動計算できるサイトも多数あるので、簡単に自分の体型を知ることができます。

BMI指数による肥満の判定基準は国によって異なっており、WHOでは25以上を「標準以上」、30以上を「肥満」としています。日本肥満学会では、18.5?25を「ふつう」、25以上を「肥満」、18.5未満を「やせ(低体重)」としています。

統計によると、BMI指数が22前後の人が最も病気になりにくく,死亡率も低いというデータがあるそうです。また厚生労働省によるBMI指数と平均余命の関係の研究では、BMI指数が25?30の「肥満度Ⅰ(太り気味)」の人が最も長生きするという結果が得られたそうです。

以下、18.5?25の「普通」の人、30以上の「肥満」の人、18.5未満の「やせ」の人という順で、平均余命が短くなるそうです。極端にやせているよりも、多少は脂肪のついていた方が、健康的に過ごせるということかもしれません。

ただしこの指数では、体脂肪率が判定されないので、体重が重くても体脂肪率が低いアスリートタイプの体型の人が「肥満」と判定されたり、やせていても体脂肪率が高い内臓肥満(隠れ肥満)が判定されにくいという難点があります。この数値はあくまでも、大まかに自分の体型を知るための目安として、厳密には体脂肪計などで正確に測定した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved