ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

絶食の危険

痩せようと思って、食事の量を極端に減らしたり、食事を抜いて一日一食にする、というようなダイエットをした結果、逆にリバウンドで前より太ってしまった、というケースがよくあります。絶食など極端な食事制限を続けるのは、ダイエットには逆効果です。

急激に食事の量を減らすと、人間の体は「飢餓状態」に陥ったと判断します。そして生存本能から、飢餓に備えるために少しのエネルギーでも脂肪に変えて蓄積しようとします。つまり、少しの食事でも脂肪になりやすい体になってしまうのです。

これで体重が減ったからといって、食事の量を元に戻してしまうと、体はどんどん脂肪をため込むようになり、減量前よりも太りやすくなってしまいます。この状態でまた食事の量を減らすと、いっそう太ってしまい、リバウンドを繰り返すという悪循環に陥ってしまうのです。

また、急激なダイエットで体重を減らすと、筋肉量も落ちてしまいます。その結果、基礎代謝が低くなり、使われないエネルギーは脂肪として蓄えられてしまいます。基礎代謝が低くなるとホルモンバランスが乱れ、生活習慣病が発症しやすいということにもつながります。食事制限でストレスがたまり、体調を崩すこともあります。急激に痩せることは、健康そのものを損なってしまうことにもなるのです。

健康的に体重を落とし、リバウンドしないためには、単に食べる量を減らすのではなく、栄養バランスを考えた食事を規則正しくとることが基本です。自己流の極端な食事制限は絶対にやめましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved