ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

効果的な食材

ヨーグルト

便通をよくして便秘の解消に役立つヨーグルトは、ダイエットの強い味方でもあります。 ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えて作る発酵食品です。乳酸菌は、乳糖などの糖類を栄養にして酸を作り出します。この酸が腸を刺激することで、腸の運動量が増えて代謝をアップさせ、便秘の解消にもつながります。

また乳酸菌が作り出す酸は、人の腸に住んでいる腸内細菌のうち、体にとって有益である「善玉菌」を増やし、病原菌などの有害な「悪玉菌」の増殖を抑える働きをします。そのため免疫力アップや生活習慣病予防などの効果も期待できるのです。

他にもたんぱく質やカルシウム、アミノ酸、ビタミンB2などさまざまな栄養素を含んでいるので、ヨーグルトはダイエット中の栄養補給としてもぴったりなのです。

ただし乳酸菌は胃酸で分解されやすいので、生きたまま腸まで届く、強い乳酸菌の入ったヨーグルトを選ぶことが大切です。ラクトバチルスカゼイシロタ株(通称ヤクルト菌)やビフィズス菌、カスピ海ヨーグルトに多く含まれているクレモリス菌などが強い乳酸菌と言われています。

ヨーグルトの食べ方もポイントです。ヨーグルトは野菜や果物など、食物繊維を多く含むものと一緒に食べましょう。食物繊維は胃で消化されないので、そのまま腸に運ばれます。そこで腸内細菌の栄養源となるので、善玉菌が増えやすく、便通もスムーズになるのです。また朝にヨーグルトを食べると、腸が刺激されて便通を促します。朝ご飯が食べられない人でも、ヨーグルトと果物なら食べやすいのではないでしょうか。ぜひ朝食にヨーグルトを取り入れてみましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved