ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

効果的な食材

お酢

「黒酢ダイエット」など、痩せる食品としてお酢が注目されています。お酢がダイエットに効果的なわけは、お酢の成分であるクエン酸とアミノ酸のおかげです。 人の体には、蓄積した疲労物質や余分な脂肪を燃焼させる「クエン酸サイクル」という働きがあります。

体内に十分なクエン酸があると、このサイクルが働いて疲労を回復させ、脂肪を溜まりにくくします。逆にクエン酸が不足すると、疲れやすくなり、脂肪燃焼も下がります。お酢のクエン酸は、この働きを活性化させてくれるのです。

またお酢には、脂肪燃焼を促進する必須アミノ酸であるリジン、プロリン、アラニン、アルギニンが多く含まれています。特に黒酢やもろみ酢など、発酵の度合いが高いお酢は、このアミノ酸が多く含まれているので、脂肪燃焼に役立つというわけです。

ただし、お酢を飲んだだけでは脂肪燃焼の効果はあまりありません。効果を発揮するためには、クエン酸サイクルを働かせる必要があります。そのために効果的なのが、ウォーキングなどの有酸素運動です。運動を始める前にお酢を飲んでおくと、クエン酸サイクルが活性化されて、脂肪燃焼が高まります。

空腹時にお酢を飲むと、胃腸の弱い人は胃が痛むこともあります。また食欲を増進させる働きもあるので、ダイエット中には逆効果でしょう。食事中に飲むか、食後に飲むことをおすすめします。 お酢には他にもコレステロールを減らしたり、血糖値を下げたり、冷え性を改善したりする効果があると言われています。料理にお酢を使うなど、上手に摂っていきましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved