ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

効果的な食材

玄米・雑穀

玄米や雑穀は、白米に変えて主食とすることで、ダイエットに役立つ食材です。玄米は稲の一番外側のもみがらだけを取り除いたもので、精白した米には無い外皮と胚芽の部分が残っているため、豊富な栄養素を含んでいます。

雑穀は米と小麦以外のアワ、キビ、ヒエ、ハトムギなどの穀類の総称ですが、「五穀米」や「十六穀米」などの白米にブレンドするタイプの商品では、トウモロコシや豆類、ゴマ、アマランサスなどの種子類も含めて雑穀と呼んでいるようです。

玄米も雑穀も、ともに植物性たんぱく質やビタミンB群、ビタミンE、ミネラル類を白米より豊富に含みます。そのため代謝を上げ、脂肪燃焼を促進することができます。また体の免疫力を高め、生活習慣病の予防にも役立つとされています。 また食物繊維が豊富で、便通をよくし、有害物質の排出や大腸ガンの抑制にも役立ちます。

玄米や雑穀は、白米よりも噛みごたえがあり、よく噛まないと飲み込めないことから、白米よりも少ない量で満腹感を得ることができます。ゆっくり消化されて腹持ちもよいので、自然に摂取カロリーを抑えることができるのです。 こうした点から、玄米や雑穀は、摂取カロリーを抑えたい夕食に食べることをおすすめします。食べにくいときは、最初は白米に混ぜて炊き、慣れれば少しずつ量を増やしていくといいでしょう。

また雑穀は、茹でてサラダにしたり、スープで煮込んでリゾット風にしてもおいしく食べられます。いろいろと調理を楽しみながら、雑穀メニューを増やしてみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved