ダイエットの食事の手引き

ダイエット 基礎知識

食事の工夫

栄養素

効果的な食材

生活習慣の改善

痩せる食事の方法

ダイエットの食事の手引き

食事の工夫

カロリーコントロール

体内に蓄積された脂肪を減らすには、食事で得る摂取エネルギーを、運動や家事などで消費されるエネルギーよりも少なくすると、体脂肪が燃焼されて減ります。そこでダイエットを始める時には、まず自分が一日にどのくらいエネルギーが必要かを知っておきましょう。

エネルギー量はカロリー(kcal)で表されます。一日に必要な消費カロリーは「体重(kg)×身体活動量=カロリー(kcal)」で計算します。身体活動量の目安は、事務など座っている時間が長い仕事の場合は25~30、普通の仕事の場合は30~35、重労働の場合は35以上となります。成人で普通に働いている場合は30~35、あまり運動をしない場合は25~30を目安にするとよいでしょう。

体重60kgの女性なら、60kg×30~35=1800~2100kcalとなり、一日の摂取カロリーをこの範囲で納めていれば太ることはなく、これより摂取カロリーが少なければ痩せるということになるのです。目標体重を50kgにしたいと思うなら、50kg×30~35=1500~1750kcalを目安に、摂取カロリーを落としていけばよいということになります。

食べ過ぎたからといって、食事でオーバーした分のカロリーを運動で消費するのはとても大変です。普通、ご飯1杯分は約180kcalですが、これを消費しようとすると30分間のジョギングをしなければなりません。

またむやみに食事制限をしてカロリー摂取量を極端に落としても、健康面で弊害が出ます。大切なのは、自分の体と冷静に向き合うことです。まず基本として、摂取カロリーの目安を知り、自分が普段から食べ過ぎていないか、食生活を見直すことから始めましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ダイエットの食事の手引き All Rights Reserved